ポジティブ☆スーパースター

滋賀県彦根市☆オイルアロマリンパトリートメント・キャビテーション痩身・EMS・よもぎ蒸し・フェイシャルエステ

ヨモギ蒸しと免疫

f:id:torakimo:20170419210115g:image
腸が冷えると免疫力が落ちるといわれています。

腸には、体の約6~7割の免疫細胞があると言われています。この細胞は、ある程度の温かさや腸の状態が良くないとしっかりと働いてくれません。

腸活をして腸の状態を良くしても、腸が冷えていると免疫細胞の動きは悪くなり、思うように働いてくれなくなります。

免疫細胞が働かないと、免疫力も低下するので風邪を引きやすくなったり、アレルギーを起こしやすくなってしまいます。また免疫細胞はがん細胞を撃退してくれる働きもあります。

 冷えて腸内温度が低くなると、免疫が落ちるということがわかりますよね。

ヨモギ蒸しに入ったときに、自分が疲れて腸の温度が下がってる、いわゆる免疫低下だというのがわかるんです。

あまり熱くない、前回はかなり熱かったのに。 

と言う場合が多々あります。

ヨモギ蒸しで、免疫が落ちてることが、わかるんですね。

 

そして、不妊症の方も、子宮が冷たくなっていると卵子の育ちが悪くなるのだそうです。

体が冷えることで、体は命の危険を感じて、心臓や内臓に血液が集中するそうです。卵巣の血液量が少なくなることで、卵子の育ちが悪くなり、不妊につながってしまうことも。

体中の細胞のほとんどが、血液から「栄養」や「熱」を運んでもらい、「老廃物」を外へ運び出すことによって健康が保たれているそうです。たとえ卵子が育っていたとしても、冷えたドロドロした血液でつくられた卵子の状態では、赤ちゃんの健康問題にも影響してしまうんだそう。

それと、子宮が冷たくなっていると着床しにくいのだとか。

本来なら温かく、血がたくさん通っているはずの子宮。その子宮が冷たく、血が足りなくなっていれば、子宮の働きは弱くなってしまうそうです。子宮が不健康であれば、せっかく精子と卵子が結ばれても、子宮に着床(妊娠)しにくくなり、着床したとしても、子宮の働きが弱まっていれば、流産などの危険に繋がってしまうようです。


子宮が冷たくなっていると女性ホルモンの分泌が低下してしまう。

女性は、ほぼ毎月の生理、排卵、他にも様々な要因はあるようですが、それらの事によって、女性ホルモンの乱れが生じるようです。女性ホルモンが乱れる事によって、体温調節の働きが悪くなり、血行不良から、「冷え」に。更には、常に冷えてしまう「冷え性」へと発展してしまうそうです。女性ホルモンの大きな乱れは妊娠にも大きく関わってくるようで、この女性ホルモンには卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)という2種類があるそうです。妊娠に関わる黄体ホルモンは、受精卵を着床させて、妊娠の状態を維持させるのに必要不可欠なんだそうですが、残念なことに、冷えが黄体ホルモンの分泌を低下させてしまうので、黄体ホルモンが低下すると、妊娠しにくい、流産しやすいということに繋がってしまうようです。

 

ヨモギ蒸しは、効果はすぐには出ませんが、継続していくことで、体質改善に繋がりますので、あきらめずにまずは1ヶ月通ってみて下さいね!

周期は、1週間に1、2回がおすすめですよ。

©ポジティブスーパースター